激務のプログラマでもセミナー参加は大切

競争の激しい業界の代表格であるIT業界において活躍の道を切り開き、業界で生存していく術を手に入れるためには、日々勉強を怠らないことが何よりも重要だ。自己研鑽を積むことによって技術、知識、経験を広く深くしていくことが他人との差を作れる部分であり、その秀でた違いを利用することで自分の地位を確保していくことが必要になるからだ。

しかし、概してIT業界に勤める人は激務に追われているため、目の前の仕事に関すること以外に何かを学ぶというのが難しい状況にある。特にプログラマは寝る間も惜しんで働かなければならない日々が続きやすく、そういった余力がないことも多いだろう。

しかし、プログラマは将来設計を考えると最も勉強をして知識を広げたり、自分の将来の専門性を深めたりしていくことが重要であり、それを達成しなければ体力が続かなくなったときに仕事を失ってしまうリスクが高まってしまう。昇進の道にも転職の道にも職場での実務経験と共に自己研鑽が不可欠なのだ。

何を勉強したら良いのか考えている余裕すらないこともある。特に仕事が佳境に入っているときはそういう傾向にあるが、そういったときでもせめて定期的にセミナーに参加するなど、IT業界での新しい知識に触れる機会を作ることが大切だ。
それによって視野が広げられて目の前の仕事がうまくいくようになる可能性もあり、将来設計のためと一石二鳥にもなりうるからだ。
プログラマとしてスキルアップを図り、将来的に高額な案件獲得を目指している人や、システムエンジニアなどへのキャリアパスを描いている人は、日々の勉強を怠ることなく続けていくことが大事なのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>