プログラマ初心者の勉強法

プログラマ初心者の勉強法は、大きく3つあげることが出来る。

まず1つ目は、本を買って勉強する方法だ。この方法は自分のペースで学んでいけるし費用も安く、やってみようと思う人は多いだろう。ただ初心者は、本を読むだけでは絶対にプログラミングは身に付かないので、本に書いてあるプログラムのサンプルなどを必ずパソコンに打ち込むことをした方が良い。自分の手で実際に入力をし、いろいろと考え試行錯誤を繰り返すことで、やっとプログラムが書けるようになるのだ。

2つ目は、スクールに通ってプロに教えてもらう方法だ。本の場合は、分からないことは自分で調べなければならず時間がかかってしまうが、スクールでは分からないことはプロに教えてもらえるし、アドバイスもしてもらえる。費用がかかり時間を拘束されるが、効率よく勉強を進めることが出来るので、就職などで面接が間近という場合などはお勧めである。プログラマ初心者にとっては基本的なことでも最初は難しいので、初めの段階でプロからサポートをしてもらえると身に付きやすい。

3つ目は、通信教育で学ぶという方法だ。通信教育の良いところは、時間に拘束されず、自分のペースで進めていくことが出来るということ、なおかつ分からないところは質問をして教えてもらうことが出来るということだ。ちょうど本とスクールの中間にあたる方法といえる。しかしプログラミングを学べるスクールは今のところ数が少ないのが現状である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です